酬恩庵一休寺  
境内案内 交通案内 おみやげ 食事 一休寺周辺の見どころ
一休年表
西暦
(年号)
年齢 項目
1394
(応永 元)
1歳 正月一日、京都:洛西の民家で生まれる。
幼名は「千菊丸」という。
1399
(応永 6)
6歳 京都安国寺の像外鑑公和尚の元に出家する。
「周建」と名付けられる。
1406
(応永13)
13歳 建仁寺慕哲攀禅師に作詩を学ぶ
1410
(応永17)
17歳 清叟仁蔵主に仏典を学ぶ。
西金寺の謙翁の弟子となり、「宗純」という法名を賜わる。
1411
(応永18)
18歳 将軍義持に謁見する。
1414
(応永21)
21歳 12月、謙翁入寂。
哀しみの癒されない一休は入水自殺をはかるが、運良く助けられた。
1415
(応永22)
22歳 近江堅田祥瑞庵の華叟禅師に師事する。
1418
(応永25)
25歳 「祗王寵を失い尼となる」の琵琶をきいて「洞山三頓の棒をゆるす」の公案を会得、華叟から「一休」という号を与えられる。
1420
(応永27)
27歳 5月20日、琵琶湖岸の船の上で座禅をしている時、闇夜にカラスの鳴く声を聞いて大悟する。華叟から印可を授けるが、一休はこれを拒否する。
1422
(応永29)
29歳 大徳寺7世、言外宗忠の33回忌に一休は粗末な着物をまとって参列する。この頃より風狂と言われ始める。
1428
(生長 元)
35歳 華叟入寂。一休は京都に帰り、風狂の生活を送る。近畿一円を放浪し巡錫する。
1429
(永享 元)
36歳 妙勝寺仏殿の再興を決意する。
1432
(永享 4)
39歳 後小松天皇に謁見し、宝物などを賜る。この頃、堺 南宗寺に紹偵と共に住む。
1433
(永享 5)
40歳 10月20日 後小松院が崩御する。
1436
(永享 8)
43歳 大燈国師100年忌に参列する。
1437
(永享 9)
44歳 源宰相の館に身を寄せた折、華叟の印可を渡されるが、一休はこれを火中に投じた。
1438
(永享10)
45歳 京都、銅駝坊北の庵に身を寄せる。
1440
(永享12)
47歳 6月20日、請われて大徳寺・如意庵に入住し、27日より華叟13回忌を営む。
29日、庵を去り、京の南、塩小路の草屋に住まう。
1442
(嘉吉 2)
49歳 謙羽山に入り、尸陀寺を創設する。
1443
(嘉吉 3)
50歳 大炊御門室町あたりに移り住む。
1444
(文安 元)
51歳 妙心寺 日峰宗舜の大徳寺入山を、養叟と謀って拒み、華叟が説いた大燈徹翁下の一流相承を固持する。
1447
(文安 4)
54歳 大徳寺の一僧自殺、数人が投獄される。一休は再び譲羽山へ退隠し断食するが刺命により中止する。
1448
(文安 5)
55歳 陶山公の旧隠を売扇庵と名付け、ここに身を寄せる。
先に火中に投じた印可が未だ保存されているのを知り、再びこれを焼却する。
1451
(宝徳 3)
58歳 春作禅興作「大燈国師行状」を批判、養叟との対立が表面化する。
1452
(享徳 元)
59歳 売扇庵南の小庵に移り、そこを瞎驢庵と名付ける。
1453
(享徳 2)
60歳 大徳寺が炎上する。
1454
(享徳 3)
61歳 養叟のもとへ赴き、論争に及ぶ。
1455
(康正 元)
62歳 「自戒集」を編む。