酬恩庵一休寺
境内案内 一休寺の名勝・文化財 年中行事 交通案内 拝観案内 おみやげ 食事 一休寺周辺の見どころ ひとやすみ
トップページ境内案内方丈庭園 
  一休寺の名勝・文化財>方丈庭園 
名勝
方丈庭園は、江戸初期の造庭で文人、松花堂昭乗、佐川田喜六、石川丈山の合作とつたえられています。方丈庭園 は江戸時代初期の代表的な庭として国の名勝に指定されています。南庭、北庭、東庭の三面からなる方丈庭園はそれぞれがちがった風情をかもし出していて、組み合わせの妙を感じさせてくれます。
 
■南庭
方丈の正面に広がる最も広い南庭は、サツキの刈り込みやサザンカ、ソテツなどが植えられており、刈り込みから軒下までは、きれいな白砂が敷き詰められています。当時(江戸時代初期)の典型的な禅苑庭園です。
 
■東庭
東庭は多くの庭石と刈り込みをふんだんに使い、十六羅漢の遊行するさまを表わしています。
★「十六羅漢の遊行するさま」って何?
羅漢とはお釈迦様の弟子のことです。お釈迦様からこの世の中の命あるすべてのものを救うように告げられた16人の羅漢が遊んでいる様子をあらわしているのです。
■北庭
北庭は、石塔や石灯籠、手水鉢などを配し、石組で枯れ滝を表現した、禅院枯山水の蓬莱庭園です。
★禅院枯山水の蓬莱庭園って何?
蓬莱山の滝から水が流れ落ち海へ流れるさまを、水を使わないで石組みで表現した禅宗寺院独特の庭のことです。