酬恩庵一休寺
境内案内 一休寺の名勝・文化財 年中行事 交通案内 拝観案内 おみやげ 食事 一休寺周辺の見どころ ひとやすみ
トップページ境内案内音阿弥の墓 
   
写真:酬恩庵一休寺パンフレット
鐘楼の横を通って、本堂の南にある墓地にゆくと、能楽で名の知られた観世流三代の音阿弥の墓があります。ここに墓のあるところから、音阿弥も金春禅竹と共に、一休の禅風をしたったのでしょう。台石の文字は一休さんが書いたものです。
★音阿弥さんってどんな人?

室町時代前期の能役者。

観世流二代世阿弥の弟:四郎大夫の子にあたる。

世阿弥のあとをついで音阿弥と呼ばれ、能楽の名人と言われた人です。

★観阿弥さんってどんな人?
南北朝時代の能役者、能作者。

観世流をと言われる能をつくった初代の人で、世阿弥の父です。

曲舞 (くせまい) を大和猿楽に導入するなど、世阿弥の能の基礎を築いた人です。